私はオオカミ子供のお母さん。

今回もママのつぶやき長文バージョンです。
すみません…。




犬を飼う。

犬をかわいがる。

ロキを犬らしく育てる。

私の意識はこんな風に変わってきました。

続きはこちら↓

犬を飼うことはもっと優雅でかっこよくて、犬を愛でて余裕の時間を過ごすんだと思ってました。

ボルゾイを連れて歩けばかっこいいなんて意識もありましたが、そんなのはあっという間に無くなって、大きさにも鈍感になりました。 


『オオカミ子供の雨と雪』というお話をご存知ですか?ネットでもアニメ映画が観れるはずです。(違法ですが) よかったら観てくださいね。

201208041726119e7.jpg


簡単にストーリーを説明しますね。

オオカミ男と人間の女性の間に生まれた二人の子供の名前は雨と雪と名付けられました。

120810-095355-23944315_m.jpg


人間のお母さんは、オオカミとのハーフである雨と雪の育て方に、悩み、試行錯誤しながら日々成長する子供たちのために必死に毎日を暮らします。

今、私から見えるロキはこの子供達と同じ。
私は、主人公のお母さんと同じ立場。

オオカミでもあり、人間でもある子供たちは、人間社会で生きていくために、お母さんから様々なしつけを受けます。

耳は出さない。
牙は出さない。
人を噛まない。

2263402i.jpg

野原を自由にかけまわる時、耳を出して、尻尾を振ってオオカミのように四脚ではしゃぐ子供達は本当に楽しそう。



雨と雪は、オオカミの姿にも、人間の姿にもなれますが、母親と暮らすために人間社会のルールに合わせて生活します。逆を言えば、お母さんは狼としての生き方を教えることができないのです。


ロキは動物で犬です。
でも、人間社会で生きることしかできません。
それなのに、人間の姿にはなれません。

動物の本能を出すことを許されず
犬人間となって生きていく姿は
オオカミ子供そのものです。

15723007.jpeg


吠えてはダメです。
噛みついてはダメです。
人間に従わなくてはダメです。


数年前に観たこの『オオカミ子供の雨と雪』ですが、今は全く違った印象で思い出しています。オオカミの子供は何が楽しかったか、何を学びたいのか、ワクワクする子供たちの姿を思い出し、ロキに重ねています。

ロキが人と暮らす喜びと、人間の中で生きていくためのルールを学ぶのと同様に、ロキが動物に戻れる時間を作ってあげるにはどうしたらいいのかと考えるようになりました。

そうなると、優雅にロキを愛でて過ごすわけにはいかなくなりました(笑) 

3__.jpg

泥んこになったり、一緒に走って、一緒にヤブに入って、野生動物の痕跡を探し、全身で集中して何かを感じる姿…よっ!犬らしいぞ! と私達が思える瞬間を、一つでも多く経験させてあげたいと思うようになったからです。

そんなことを偉そうに書いても、犬飼い素人の浅知恵のため、見落としが多いんです。

前回のドッグフードの件もそうです。
ロキは、エサの時間になると急に無言の犬に戻りドライフードを食べます。人は人、犬は犬! 私達がそうさせて、ロキの感情を消していたんです。これこそ見落としです。

2__.jpg

台所では、「それなに? おいしいの?」と料理する私を毎日興味津々に見ていたオオカミ子供がいたのに…無視していました。

【ドライフードをあげなくてもいいんだ!】 と気づいてから、ロキにも【食育】という言葉が浮かびました。

「ごはん! ごはん!」と食卓で耳としっぽを出してウキウキしている仔に、毎日カロリーメイトをあげるよりも、犬のための多くの食材を口にさせてやろう。そんな感じです。

私のごはんで兄さんは成長してるので、きっと大丈夫でしょう(笑)やっと終わりそうだった子育てが、また始まってしまいました…。

パパは、こんなことを私が考えるよりも前からすでに犬親でした。

ロキがダメなことをすると、犬のように「ウウー」唸ってしつけていました。時にマズルを甘噛みしたり。パパは何も考えずにこういうことをする面白い犬親です。ロキと遊ぶ時も全力で犬らしく遊んでいます。引っ張りっこも口に咥えて相手をしていて、とても面白いです。 

またそんな場面も、ロキがつぶやいてくれると思います。

長くなりましたが、ここ3回の記事をまとめると、≪我が家はロキへの過保護をやめて、食事も遊びもワイルドに育てることにしました。≫ ということなんです。


ついでに…
フード選びをして読んだ記事にこんなものがあり、私にとっては目からウロコだったのでご紹介します。

≪あなたの犬がドッグフードを食べない時、あなたはなぜだと思いますか?
犬がもしも自分で捕食していたなら、安全な物、食べられる物を自分で判別していたはずです。賢い犬たちの【食べない】という行動を、単純に【飽きてしまった】と考えるよりも、何故そのフードが嫌なのか、変な味がするのか、フードは酸化していないか、フードに危険を感じるのか、病気か、怪我か、運動不足か、この子は何を訴えているのかをじっくりと観察して考えてあげてください。≫



ここまでお付き合いありがとうございます。
次回からはロキのつぶやき再開しますね♪




にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネットでは犬にあれを食べさせてはダメとか
人間の食べ物を与えてはダメ、味付きの物を与えてはダメ
牛乳はダメとか、鳥の骨はダメとか
等いろんなことが言われています

我が家ではカイ君には人間のものを残ったらあげてます
残ったらというより、食事中に分けてあげます
カイ君だけですけど
牛乳もあげます、鳥の骨ももちろん

今、『ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本』を読んでいます
牛乳は消化できない犬がいるけど
毎日少しずつあげていれば、一週間もすれば消化できるようになるそうです
犬だって毎日同じ食事では楽しくないですね
おいしいほうが良いに決まってるよ
面白い本ですよ

No title

ロキ君幸せですね~(ノ´∀`*)
ワンコは子供と一緒…ホントその通りですね。
人間の子供はある程度の年齢になると甘えてこなくなりますが、ワンコは一生甘えてくれる…ブッチバジルはもう立派な大人ですが、甘えてくれるので、毎日幸せを感じております(о´∀`о)
バジルが来たときはルネがまだ小さかったのでバタバタしてましたが、ブッチ兄さんが代わりにバジルに『吠えない噛まない物を壊さない赤ん坊には優しく』を教えてくれました。

昔買った『愛犬が喜ぶご飯』の本を見たときは、豪華にさビックリ!私も食べたいと思うくらい。
今はフード+トッピングで落ち着いてますが、ブッチ兄さんはいつも食卓の下で美味しい物が落ちてくるのを待って、ルネに貰ってます(*´∀`)♪
あれダメこれダメと色々聞きますが、我が家は体調と体型に問題がなければいいかな…と思い育ててますよ~♪
ワイルドな子育てでロキ君がどんな大人に成長するか楽しみ~(o^O^o)
そして…今年はまず会える日が楽しみです★

No title

おはようございます。初めてコメントします。

いつもロキ君のブログ楽しみに拝見させていただいています。
我が家もボルゾイを迎えているのですがロキ君のように雪の中を散歩させてあげたいな~といつも羨ましく思いながら見てます(笑

犬の為の食育 本当に大事ですね。見直す所が一杯です。

犬育では無いですが犬の言葉も調べてみるのも楽しいですよ!
散歩中「こっちに行こう」とボディランゲージを使うと本当について来てくれるんです。嫌な時は無視してついて来てくれないですけど…。でも凄く楽しいです!
お暇がある時おすすめです!

>カイ父さんへ

それなんですよ!
知識がない分、聞きかじりの情報に左右されていて
人間の食べ物は毒だ! と決めつけていました(笑)

ある程度の理由と対処がわかれば
そんなに大したことじゃなかったです。


なーんだ! って気楽になりましたよね。

カイ君のフード嫌々の理由はそれだったんですね(笑)
ほんとに賢くてかわいいですね。

ムツゴロウさんの本、頼んでみました!
読むのが楽しみです☆


>benyさんへ

ずっと甘えてるってすごいですよね。
大型犬が1歳ぐらいでなる、反抗期というものは
自然界の自立の時期だとか。

なのに、ずっとそばにいて甘え続けるかわいさ…たまりませんね(笑)

優しい接し方を先輩ワンコが教えるなんて驚きです!
ワンコすごい! えらい!いやブッチ君がすごい☆

食餌の事。
そうですよね、体調を良く見ながら適当に、気楽にやってみよと思います♪
ワイルドとは言うものの、最近は寒いし、凍ってるし…もう大変です(笑)

お会いできる雪解けが今から楽しみです♪

あ!最初の写真のロキの後ろ姿…おじいちゃん達の血を引いてるのを実感する腰まわりですよね!

>鏡さんへ

初めまして!コメントありがとうございます、嬉しいです♪

雪の中って楽しそうですよね~。
ぜひぜひ長野に遊びにきてください。
山に行けば、雪の中を泳げるぐらいですよ(笑)

食育なんてたいそうな事を言いましたが、
色んな食感や、匂いもロキの経験値をあげそうだな~ってぐらいです。

鏡さんのコメントを読んで、
犬のボディーランゲージの記事を少し読みました。
とっても興味深いですね!
何か参考になるものはありますか?
よかったら教えてください。

No title

ほんとにロキ君楽しそうですもんね(笑
当方は雪の「ゆ」の字も滅多に見れない地域なので本当に羨ましい限りです。

ボディランゲージのお勧めというか、私が持っているのは「ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド 」や「カーミングシグナル by.トゥーリッド・ルーガス」というものです。

本の大半がカラーで尚且つ写真で説明されているので分かりやすいです。
でもそれが分かったから人間が出来るというものでもないですし、状況によって意味が違う所もあって複雑です。それでも犬が何を感じているのかを感じ取れるのも確かです。
難しく楽しいと私は思っています。是非どこかの本屋さんで手に取ってみてください(笑

>鏡さんへ

早速教えていただきありがとうございます。

家の中でも、何かを訴えてる様子をみては
「それ、どういう意味?」
「何をしたいの?」
「何してほしいの?」なんてことばっかりです。

そのうちは一つでもわかるようになれればうれしいです!

紹介していただいた本を読んでみますね!ありがとうございます♪

またいつでもコメントお待ちしていますね~!

ロキママのブログ 私の心にドキンドキンと響きました。 私も 毎日 手さぐりで 犬育てをしています。 オオカミ子供かぁ… ほんと そうだよね。 ほんとに ショコタルは 幸せなのかと ふと思ったりします。
ドッグフードの件 ロキママらしいな。
私も もっと勉強しなくては いけないなぁ〜;^_^A
今度 ワイルドに育ったロキに会えるのが 楽しみです (^○^) 早く 春が来て欲しい!!

>ショコラとタルトのママへ

私も書きながら、ドキドキしちゃった(笑)
はっきりとイメージするほど、犬育てのことがリアルになってきて…大丈夫かな私?でもちょっとワクワクするぅ…みたいな(笑)
私は、兄さんの事をロキを重ねて、後悔することばかり。
もっとロキのように、観察していろんなことをしてやればよかった…って。

フードのこと、丁寧に教えてもらったのにごめんなさい。
悩みすぎたら、全然違う答えになっちゃった(笑)

今日もまた雪…春はまだ遠くて寂しいよ~。

ロキも、ワンズと全然遊べなくて超寂しそうだよぉ~。

No title

この映画観ました。考えさせられる内容であり、涙腺緩みっぱなしの内容でした。
我が家は多頭飼いだからかも知れませんが犬は犬同士きちんと教え合いますよ。私の躾は咬んじゃいけない!弱い子は苛めてはいけない!とご飯の時の待って!だけなんです(笑)喧嘩は勿論ありますがあまりに酷いときは親分である私が「味噌付けて食べるぞ」と同じ目線でガツンと言うと止めますね(笑)たまに思いますが犬でも猫でもペットではなく家族なんですよね。ママさんが悩んでいらした食についても共感できます。ワンコ達の体調や体格を見ながら何でも食べさせるのは良いことだと思います。家庭で作ったものが一番安全ですからね。レーズンは食べさせちゃダメと言われてますがこの頃私が食べている天然酵母のパンにドライフルーツがガッツリ入っているものを一緒に食べてます。ミルクティーもマグカップで飲んじゃってるし。人が食べているものはダメと言われますが私はチョコレートとネギ類以外は食べさせてますよ(笑)旬の物は食べさせたいし。ワンコ達にはやはり笑顔でいて欲しい。と思うと色々考える事ありますよね。ワンコの躾とかの育児本みたいのは読まないようにしてます(笑)だって個々に性格違うんだからと思うし。

ママしゃんさんへ

そうなんですよ!涙腺崩壊な映画なんです…。でも、私にとっては、喋る犬のようで良い教本にさせてもらっています。
ご飯のことも、ドライフードよりも気持ちはとっても楽になりました✨
また食事風景もロキからつぶやいてもらいますね。

ワンコにも、旬のものを…さすがママしゃんさんです!いつもながら愛情たっぷりですね!
プロフィール

☆Loki☆ママ

Author:☆Loki☆ママ
【家族構成】
マイペースで力持ちのパパ:大ちゃん
お祭り騒ぎ大好きなママ:しー
いつも寝てる:兄さん

☆Loki☆ ♂
2013年11月18日
三重県鈴鹿市産まれ
生後4歳と0ヶ月

☆Thor☆
生後9か月


【Lokiの兄姉も探しています♪】
♀おはぎちゃん:異母姉弟
♂タルト君:同胞体の兄弟☆
♂アルフレッド君:同胎の兄弟☆
♂ブッチ君:母方の伯父
♀ノエルちゃん:母方の叔母
♀メルちゃん:姉(3月18日生)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
秘密のメッセージ用
Lokiママ個人宛などはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: