ボルゾイのLokiのつぶやき写真を記録しています。  ブログランキングに参加中【いいね】のポチっといつもありがとうございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬語はボディランゲージでした。
最近寝る前に少しずつ読んでいるこちらの本。

ブログコメントに遊びに来てくれた鏡さんが紹介してくれました。(鏡さんありがとうございます!)

犬のボディランゲージについての本です。

中身はこのぐらい丁寧でとってもわかりやすいんです。



まだ途中までしか読んでいませんが、ロキを犬らしく育てるために、私が知っておくべき情報が盛りだくさんでした。

これを読んでから、なんでもない動画をもう一度見返してみると、新たな発見がたくさんあります。いまいちぼんやりとしてお蔵入りだった動画も、明確にロキのしたい行動が見えてきてすごく面白いです。

犬らしく育てる事にまた一歩近づけた気がします!

次の動画は「遊ぼう」と誘っているのはすぐにわかりましたが、なかなかうまくいかないもんだな…と思っていただけでしたが、もっとちゃんと見れば、犬の動きの数だけ、ワンズは会話をしてたようなんです。

【遊ぼうの誘い】

しつこくした自分をちょっと外に気を向けて、「攻撃性はないよ~」と、「俺よ落ち着け!」って姿を見せている様子。「そうそう落ち着いてよ。」と寄ってきてくれて、コロンと転んでくれる子は、「こうやって遊ぶの?」ってしてくれます。それをみて「俺と遊んでくれるの?」とさらにテンションをあげるロキ。

こう解釈してみました。 …難しいけど楽しい作業です。


次の動画はどうでしょうか?

【追いかけてもいいよ!】


タイトルをつけちゃったので、そう見えちゃいますよね(笑)
これもここにいる犬の誰かがルールを作って遊んでるようです。

このあとのロキの行動です。

【僕が追いかける番だよ】


ロキのやつ、シェルティーに乱暴な!って思ってました。
でも今は違う意味がある気がして、何度も見て考察中です。

これはまた別の日の走りです。
どう見えますか?

【ガウガウに走り勝ち】


まだロキを迎えて日も浅く、ランの回数も少なくて、よく走る2匹に感心したほどですが…今思えば、ロキは話せばわかる犬には、ちゃんと止まって仔犬の仕草をアピールして話しかけていました。

この日、ロキが走り続けたわけは、この犬との会話が成立していなかったからだと知りました。その理由に、この後ハスキーは別の2匹には噛みついていました。2匹ともに威嚇されて、立ち止まり、身体を伏せた瞬間にやられていたので…ロキは止まると危険と感じて走り続けたのではないかと…それはその前に会話のできない相手だと何かで判断していたんだと思うんです。 その何かを知りたいわけですが…。まだまだ勉強が足りません。

遊んで走っていると思っていたのに…今動画をみれば、2匹が友好的でないというサインがそこら中に出ていました。 ここはリーダーの出番でしたね・・・。

ロキの要求がわかるだけじゃなく、出会う犬たちがロキを好きかどうかがわかれば、もっと自由にロキを楽しませてあげらるんだなって気づきました。そのためのボディランゲージを読む力なんじゃないかと。

犬飼い素人なので、自然に伝わってくるのを待っていたら、ロキがおじいちゃんになっちゃいます。急いで習得しなくては(笑) 

このロキはどうでしょうか?

【雪:ハイテンションダッシュ】


もう浮かれすぎて脚がめちゃくちゃです!(笑)
これはアホの仔になったロキでした。



ボディが大きいとわかりやすいね!のポチッと↓
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
あれ?ロキのつぶやきは?のポチ!



関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。