ボルゾイのLokiのつぶやき写真を記録しています。  ブログランキングに参加中【いいね】のポチっといつもありがとうございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポリス兄貴に学ぶ

犬語を覚えたくて勉強中のママです。
オフ会の動画を何度も見直しては、何を話しているのかと考えています。

今回の観察を動画と共にまとめてみたいと思います。
文末はすべて「…と本にかいてあった。」 「…らしい。」と付け加えて読んでもらえると幸いです。

犬語の大切な役割は【相手に敵意がないことを伝える】これが最大最重要と考えます。これを基本に考察してみました。

犬の対面の理想は、前方20メートル以上先から始めて、本来ゆっくりと近づきながら相手の言葉(ボディランゲージ)を読みあいます。近づくまでに、お互いがたくさんのシグナルを出して敵意がないか、安全かを知るわけです。

ロキはというと…猪突猛進タイプ!

犬とみたら何も考えずに全速力で駆け寄って、挨拶もそこそこに遊びに誘う。

自分は相手の臭いを嗅ぎまくっておいて、相手に嗅がせるのは嫌。

大人の犬には嫌われます…失礼なやつだ!と言う感じ。

そんな部分をまずは下の動画で。
先輩方は、ロキを匂うと安心したようにどこかに行くんです。一瞬だけ静止してます。

同じ動画をポリス(元気なボル)さんに着目。



ロキの自分勝手な挨拶も気にせずに、嫌がる挨拶も遊びの誘いに変換して、ロキに注目し、そのまま遊びに誘い込んでいます。

この時に会話が成立せずにガウガウされることもロキは多いです。

でも、2頭の上がった口角とポリスさんの緩やかに揺れるシッポのおかげで、今回は大丈夫だったみたい。

残念ながら、茶色のアヴィンさんまでは、余裕がなかったみたい。

仔犬のようなロキとポリスさんの挨拶です。

【ポリスとロキの挨拶】



この後狂ったように、取っ組み合いをして遊ぶポリスさんとロキですが、ロキはポリスさんに何度も敬意を払った言葉(ボディランゲージ)を投げかけます。ロキは自分が下位であることを認めて、ポリスさんの許す範囲で遊んでもらっていたみたいです。

1.ロキはポリスにぜったいに歯をあてません(ウチでは歯が出ます)

2.ポリスの顔に向けて自分の脇腹を見せて静止する (敬意と友好と下位)

3.ポリスにリーダーウォークのように着いて歩きます(信頼 敬愛 上位者の真似)

4.前にでたら振り返って顔だけポリスに向けて進みます。(敵意が無い、友好的なサイン)


【ポリスとロキ リーダーウォーク】


どうだったでしょうか?
同じ動画を今度はポリスさんに注目。

マズガのブッチさんが登場します。
ここでポリスさんは、ロキを守ろうとロキの前にスッと出てきて警戒するんです。それに対してロキは上にあげた事を敬意を払ってしたのかなと思いました。

次動画の面白さは…

1.どちらかがキャンと鳴いた後、犬達が集まってきます。

2.集る先輩犬をポリスは必死に蹴散らします。

3.ロキは何も考えずに遊びたいのです

4.待て!と何度もポリスに怒られます

5.怒られるロキは、敵意はないよと顔、耳、尾の全身で表現しています。

6.囲まれた若造達は、そーっと場を変えます。

【空気の読めないロキ】



どうでしたか?
無防備な遊びなだけに、ポリスさんはロキを守り、ロキは全身で親愛の言葉を投げていました。

しかし、若輩の2頭が先輩を前にこれをして喧嘩にならなかったのはなぜなのか…かなり危険なやりとりだったのでは?と思うのですが…なぜなんでしょうか…。

2頭が何度もやっていたマウンティングですが、今回は単なる遊びだったと考えてもいい気がします。1度でも、それについてポリスさんがロキを怒ったらもうロキはやらなかったはずかなと。


正に、兄貴ポリスさん!
ロキを預かってくれてありがとう。大変そうだったもんね。

こうして、ロキを絡めたすべてのワンズが、ロキとどんな言葉を交わしているのか…何度も動画をみて、観察してるわけなんです。

次回は、今回私が最も着目した犬師匠のブランさんについてです。明日はアップできないかな…興味ある方は、気長にお待ちくださいね。



【ポリス兄貴】いいね!
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
ロキとポリスは何位かな?



いや…でも優位性を遊びの中で決めあっていたのも否めないんだな…。面白いです、犬語!





関連記事
コメント
コメント
No title
お久しぶりです!
犬語の事を勉強しているみたいで嬉しいです。
犬語を理解してくれる人って中々いないので凄い親近感が…

私なりに動画を見させてもらって気付いたのがマウンティングのことなんですが…「遊び」というよりも興奮から来るストレスシグナルではないでしょうか?お互いが興奮し過ぎているように見えてしまいます。
動画の途中で沢山の犬が仲裁に来ていますし、白い体格の良い子が最後まで仲裁しているように私は見えます。

私もプロでは無いのでこの意見が絶対!という訳では無いです!!

どうでしょうか?
否定的な意見と捕えないでいただければ有難いです。
2015/03/27(金) 09:12:25 | URL | 鏡 #- [ 編集 ]
>鏡さんへ
コメントもらえてよかったです!
どうやってお礼をお伝えしようかと思ってました。
犬語を紹介してもらってから、ガラっとロキの見方も、他のワンズの見方もかわりました。

観察が楽しくて仕方ないんです。ありがとうございます!
犬語をたくさん覚えて、私もロキと体で言葉を交わせるようになれるように頑張ります♪

マウンティングについてですが、興味深いですね!
私も、また本を読み返して【ストレス緩和のための転移行動のマウンティング】かな?と思ったところです。自分を落ち着かせるためもありそうですね。上位を決めるためではないマウントかな、とわかるだけでも安心してみていられました。

ロキが相手に対してアゴを背中に乗せる仕草ですが、「失礼な態度」と書かれてる記事もありまたが、この場合は、両者承知の上の遊びに誘いかなと思いました。

鏡さんのコメントにもある、白い仲裁犬について次回の記事にたっぷり考察をしてみました。
またよかったら感想お待ちしてます♪


2015/03/27(金) 12:43:59 | URL | ☆Loki☆ママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。