ボルゾイのLokiのつぶやき写真を記録しています。  ブログランキングに参加中【いいね】のポチっといつもありがとうございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草原 そしてジン君へ
ロキの大好きな事は、草の上を駆けること。

でも…ちょっとこれは…



やっぱり。
草が伸びすぎて、走り回れる場所がなくなっちゃった。

何度もチャレンジするけど



行けそうかな~どうかな~



ってところで、
慌てて身体をひるがえして



必死に走って戻って



飛び出てくる!笑

実に面白い♪

ロキの目線だと、視界は0%
その中を勇気を出して恐る恐る入り込んで行くのは、きっとロキに大きな自信を作ってくれる。

不安と冒険の後、戻ってきた場所にちゃんと私がいるっていう事は信頼度が増して、きっと2倍の効果を生んでいるはず!と勝手に思ってニヤリとしてます♪

週末は暇人兄さんのお相手もしないと。
2人で何年かぶりにタンデムして、アイス食べに行ってきました。



そのついでのお肉屋さんで、いいものゲット!



鶏ちゃんの足ですよ。ロキのご飯メニューに仲間入りです。

次回は鶏頭を予約してきました☆
グロいけど、また取りに行ったらのせますね。


この場をかりて…

黒姫高原ペンションBOWさんのジンジャーことジン君へ

私にとって、特別なボルゾイになったばかりだよ。うちの兄さんと同じ愛称のジン君…初めて会えた長野のボルゾイ先輩だったのに。

立派な大人の風格と若造ロキを蹴散らすその姿に、ボルゾイがどんな犬か教えてもらった気がした。

私は、その凛々しい立ち姿からは、歯の抜かれた11歳のおじいちゃんには全然見えなくて…大人のボルゾイだ~って変なことを感激してた。


ロキにこんな風にするくせに、触ってもいいのかな?ってビクビクと手を伸ばしたら、まるで子猫のように、私の手に身体をすり寄せて甘えてくれたジン君。

あのギャップはズルいよ。可愛すぎる。笑

次に会う時には、ジン君が喜ぶように撫でてあげようって決めてたのに…できなくて、ごめんね。

でも、今はきっと自由な空を駆け回ってる頃だよね。

たくさん走って、飛んで、笑って…私がみて見たかったジン君がお空に見える気がする。

また黒姫に行くから、ロキの走る風にのって一緒に走ってあげてね。


ジン君、また黒姫のお空で会いましょ。
親父さん、ママさんまたすぐに会いに行きます。辛くさみしい時間も、のり天君と蘭丸君がご家族を癒してることと信じています。

ジン君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。