ボルゾイのLokiのつぶやき写真を記録しています。  ブログランキングに参加中【いいね】のポチっといつもありがとうございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロキが唸って牙をむく! その①

こんなことをわざわざブログで公表する人もいないだろうと思うのですが、あえて公開します。これからボルゾイを飼う方のために。そして、うちの子ばかりが他の子と違うの?とお悩みのあなたに向けて。(大袈裟w)

では本題。

ブログをさぼっている間にロキの問題行動発生です!
それというのが、ロキが私達家族に【唸って牙を見せた】ということなんです。

20160219161554600.jpg



これは困った…と、まず悩んだのは、唸るロキにどう対処すればいいのか?ということでした。

ロキは2カ月間で計4回「ウーー…」と唸りながら鼻にシワをよせて牙を見せました
パターンは以下です。
① 寝ているロキに触れる(動かす)
② 兄さんとパパだけに唸る

その時の対処として…
1回目は、パパが力で制圧しました。ロキは尻尾を丸めて退散。
2回目は、兄さんが「No!」とコマンドをだしました。
3回目は、唸られた兄さんは、無視してその部屋から出て行きました。
4回目は、パパは唸るロキに優しく声をかけました。

さて、対処法としてこの中に正解はあったのでしょうか?

『犬に負けてはいけない!』と、よく言われていたので、それを念頭にどうすればよいのかとしばらく考え込んでいました。

でも、もっと大事なことがあったような…と気づいたのです。

それは
【なぜ、唸るようになったのか?】という原因・追究・分析・考察でした。

「唸ったらどうすればいいの?」
ではなく
「唸らせないために、どうすればいいの?」と考えるのが必然でした。

もし、愛犬が飼い主とのある特定の動作の中で「威嚇して唸る」という行動を見せた時、みなさんならどんなアクションを起こすのでしょうか。

問題解決として最も簡単な答えは…
【寝ているロキを起こさなければ良い!】となると思います。

お恥ずかしいことですが、我が家では、こうしてフタをしている問題行動がいくつかあります。犬と会うと嬉しくてリードをグイグイすることや、呼び戻しが気分に左右されること、やろうと思いつつめんどくさくてやっていないことが山積みなんです。

しかし、今回はそうはいきません!

ここはロキママらしく、「唸らせないために、どうすればいいの?」という疑問にじっくり向き合うことにしました。

実は、この記事を書き始めた日からまとめるまでに、2週間以上かかってしまいました。繰り返し言葉を選び、頭の中のぐちゃぐちゃな情報をスッキリと簡素化して文章にしたつもりですが、問題がシビアなだけに伝え方がとても難しい。



続きも長いので一旦ここまでとしますね。
興味のある方はまた次回に。


ロキ君、ほんとに唸ったの?
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
こんなにかわいいのに?!のポチッと!
 
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。