ボルゾイのLokiのつぶやき写真を記録しています。  ブログランキングに参加中【いいね】のポチっといつもありがとうございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロキが唸って牙をむく! その②




前回の続きです。



唸るという問題に対して、私が起こしたアクションはというと、【唸る】事には囚われず、まずはロキの様子を半年前からさかのぼり、あれ?と思ったこと、穏やかな様子、目つき、態度、家族の行動パターン、犬友との遊び方などなど…変化点を見つけるためになんでもかんでも書き出しました。

そして、A4用紙5枚以上にもなったその内容から、【唸る】ことを《良し》と思わせてしまった因果関係をピックアップするという作業をしてみました。

問題行動の原因の視覚化という感じです。

これをしたことで、ロキが唸るようになった原因と対策が浮き彫りになってきました。

まず今回の問題行動は【唸って牙をみせる】と伝えましたが、間違っていました。

考察の結果、今回の問題行動は【ロキがグレた!】です。
こう言い換えたのには訳があるんです。

問題行動解決の糸口として、【唸ることやめさせる】ことと、【グレた犬を更生させる】のでは、対処法がまったく違うと思ったからです。

例えば、グレてしまった少年が人を殴ったとして、殴るのをやめさせようと、そのたびに親が怒っても、私はあまり意味がない気がします。

「殴ることを怒るだけじゃなく、なぜ殴るような子になってしまったのか考えてみよう。」と思う方が遠回りであっても、効果はある気がします。



では、なぜグレてしまったのか?

【私達家族がロキに甘えるようになったから】という答えがでました。

20160219161540808.jpg



ここ数カ月を振り返って、あれ? あれ?と思った事はいくつかあったんです。
それでも、大したことないか…と見過ごしてきました。しかし、この見過ごしのせいでロキが少しずつ変わってしまったんです。でも、私達はロキが変わったことを、唸って見せるまで気づかないフリをして過ごしていました。

具体的にいうと、私には狂ったように甘えて、パパが呼んでも聞こえないフリをすることが増えていたり。リビングにいてもパパや兄さんに甘える事は極端に減っていました。
犬と遊ぶ中で吠えることがふえたり、喧嘩を買うことがふえたり、遊んでほしい、扉をあけてほしい時に吠えて訴えることがあったとか。

20160219161516011.jpg       20160219161526506.jpg 


今回の事と関係ないように思えますが、【グレた】と思って考えると、色んなことがつながって見えてきます。 

ロキは、不良の子がジっと待つことができず、イライラして文句を言う状態にそっくりです。

しかしそのどれもが、私達飼い主の気づきの足りなさが原因だったと、わかってきたんです。



また長くなってしまったので
また次回に続きます…

ロキ君ぐれちゃったの?
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ

こんなにかわいいのにー??!!のポチっと!

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。