【3頭目】の存在に学ぶ

お久しぶりです。
今年の冬に戻って学ぶシリーズをアップです♪
2016年1月4日ロキのためにクレートを作成中の私。
20161031123002851.jpg 
それを邪魔するロキ。
1月9日晴れ 
この日はワン友さんに雪原のパックウォークに誘ってもらいました。
20161031151408742.jpg 
ソリをやったり
20161031151546160.jpg 
わんこ達と雪原を歩き犬との時間を堪能しました。
・・・といえば聞こえはいいですが、
この日のロキは呼び戻しも聞かず
私の存在を無視して行動していました。
繋がりのない事をしっかり確認した日です。
「えー なんでー?楽しすぎるとそうなっちゃうの?」
なんて、この時は軽く考えていました。
今思えば…この一か月後に発生する
ロキが唸って牙をむく】の前兆だったんですよね。
ちゃんと気づかないとダメですよね。
おまけの話しはここまでにして
今回の考察に進みます。
パックウォークを終えた後
ロキが♀の2頭と遊んでいる姿を観察しました。
少し粗っぽく見えますが
ロキがずっと優しく接しているのが伝わります。1頭目がロキで一緒に遊んでいる大きい方のシェパードを2頭目と数えます。
2頭の遊びの中から【優しい接し方】を犬語から探してみると…
振り返りの姿勢でいること
少し強めに出た後は、必ず両手をついて頭をさげること
マウントの状態にならないように避ける事
口角はしっかり後ろに引いて笑顔をみせ
優しい表情でいること
動画で確認をどうぞ。
ロキの優しい犬語は確認できましたか?
今回の本題は別のところになります。
「犬って3頭では遊べないのかな?」という疑問についてです。
動画ではロキとシェパード(大)が遊ぶまわりをもう一頭の女の子が追いかけていますよね。
私は、執拗について回るこの女の子の事を
ロキが怒ったりしないかな?と心配して撮影しています。
警戒して数歩前に出てみる事も試しています。
【3頭目】のワンコ(小柄なシェパード)に注目して動画をどうぞ
みなさんはどう考察しましたか?
【3頭目の犬(小柄なシェパード)】はどんな感情なんでしょうか?
・遊びたい
・仲裁したい
・邪魔したい
・やきもち
・その他
私は【二頭の遊びを止めたい】のかな…と考えました。
でもその理由はまったく謎のまま…お勉強不足です。
こちらも同じ日の別の【3頭目の犬(イタリアンウルフハウンド)】の動画です。
一歳間近の♂の子です。
こちらは簡単に行動が理解できますよね。
「僕も遊んで!遊んで!」と無邪気に絡みますが
3頭目なのであまり相手にしてもらえていません。
ロキも1歳半まではいつもこの【3頭目】でした。
20161031151230183.jpg 
この動画の直後、この仔はロキに【ガウゥー!】と怒られていました。
しつこく絡んでロキの背中に手をのせただけですが
そんなことでも年下の♂にはロキは怒るようです。
(ロキメモ)
3頭目について:女の子には怒らないけど、♂の時は注意する。
最近たまたま寄ったドッグランで
立派に仲裁犬を務めていた【3頭目】が
飼い主さんに怒られているのを見ました。
他の2頭が仲良くワンプロしているのを
自分の犬が
怒って邪魔して吠えていると飼い主さんが解釈したようです。
私には頑張って『仲裁』しているようにしか見えませんでした…。
犬の世界では
犬同士が近距離で接することは
「いつでも喧嘩に発展する可能性があるぞ」
と、まわりの犬の気持ちをザワザワさせるそうです。
そして、喧嘩になる前に止めないと…と思うそうです。
それを想像すると【3頭目】の存在も
また違って見えてきますよね。
20161031150810096.jpg 
長くなりましたが
【3頭目の犬】はその時とても頑張っています。
『なにをがんばってるのかな~?』と予想して観察するととても楽しいんです。
ロキも喧嘩はだめなんだからね!
久々の記事もいいね!のポチッと♪
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日から繰り返し、「ロキとリンちゃんとコハルちゃん」を見ています(笑)。
この動画は「新参者」の後だったのですね~(納得)。
というのも、私には3頭目の子がどうしても、ロキと遊びたい、ロキを誘っているようにしか見えなかったためです。
今日また見返してみて、なぜそう思ったのか、理由が見つかりました。
3頭目の子の耳が、ロキを見るときにピッタリと伏せています。シッポの振り方も、ゆったりと絶え間なく振っていて、リラックスしているように見えます。
それで、誘っているように見えるのだと思いますが、やっぱり違うかな~。
ちなみに、我が家のご近所のプライベートランでは、3頭目の犬は交代につとめているようです。そして、ワンプロ観戦してるだけのこともあります(笑)、面白いですね~!

またゆっくりパソコンから返信させてくださいね。取り急ぎお伝えが...。
読み返してみて非常にわかりずらい記事だとわかりました。ごめんなさい。
今回お伝えしたかった3頭目は小柄な濃いめの柄のシェパードのこはるちゃんです。
ロキの動きをとても警戒して、2人の遊びの仲裁を頑張ってくれている子です。
また時間があれば記事を書き直しますね( ̄▽ ̄;)

Re: おはぎさんへ

コメントありがとうございます。
一緒に考察してくれるお仲間がいてくれて嬉しいです!

私の文章力の無さがいけないのですが、おはぎさんが注目している3頭めは、私が思っている2頭めの子だと思います。
ロキは大き目のシェパード(2頭目)と遊んで楽しもうとしていますが、小柄なシャパードがそれを良しとしない動き。
この、一見蚊帳の外に見える子を【3頭目】と定義して観察してみました。

犬が相手に友好性をしっかりと見せて楽しく遊べるのは1頭が限界なのかな?…という観察です。
必ずこうして止めたり、まわりをウロウロする子が出てきますが、2頭まとめて相手ができる猛者はなかなか現れないな~とおっ持っています。
一対一を犬は求めているように見えるんです。

ただ、3頭で遊べる(?)場面が1つ記憶にあります。

1頭を2頭がペアになって追う時です。
これはグループハントを得意とするボルゾイが、多頭でランに入っているときに見かける遊び方です。

追われた子を【3頭目】として

2頭に交互に応戦できる子
完全に尻尾を巻く子
タイプはわかれますが、今回の【3頭目】とはまた違った立場の犬の様子が観察できます。

おはぎさんの動画の考察もとっても興味深くて、私もまたコメントを読みながら動画を見返して「うんうん!本当だ!」と勉強させてもらいました。ありがとうございます♪

仲良しグループでは、交代で遊べるようになったり、喧嘩にはならないから仲裁しなくても安心と、犬達も学ぶのでしょうね。次はそのグループに新たな犬がきたときに、どの子が【3頭め】を担うかがとても面白そうですよね。
ちなみに、私が知る中で最も威厳のある【3頭目】は、過去記事にある【ブラン委員長】です。犬語が同じでも、完全に無視され続ける犬と、一瞬で犬達が『ピリ』っとなる違いはなんなのか…まだまだ興味はつきません!


私もおはぎちゃんたちのプライベートランでの様子を動画で楽しみに拝見しています。
やっぱりおはぎちゃんはワンコ大好きだったんだ!と確信し、勝手に嬉しくなっています。

今後も一緒に観察&考察していただけると嬉しいです。長い文章で失礼しました。

No title

いえいえ、3頭目は正しく伝わっていますよ。最初から3頭目は小柄なシェパードと思って見ています。
この小柄なシェパードちゃんは、やはり警戒していないと思うのです。
その理由の1つは、ロキを見て耳を伏せていることです。
耳を伏せるタイミングはこちらです。
0:06
0:18
0:24
0:46
1:29
1:55
2:03
ロキに乗りかかる前に、ロキを見て耳を伏せていませんか。
小柄なシェパードちゃんが、ロキに恭順の意思を示してから上に乗っかることで、尊重しつつも「相手してよ」と伝えているのだと見ていました・・・だからロキは怒らないんじゃないかと・・・。
それともあの耳は、大きなシェパードに向けたメッセージだったのか・・・。
この耳のうごき、ロキママはどう見てましたでしょうか?

一対一で遊ぶ、ということについては、私もそう思っていました!
ご近所のランで3頭目が入れ替わったりしているところを見ていると、3頭目は必ずしも「邪魔者」じゃないのだろうなと。なので、基本的に1頭しか相手にできないんだろうなと思ってました。

ご近所のランは来月に再開され、新しい仲間が増えますので、おはぎ達仲良しグループにどんな変化が訪れるのか・・・ドキドキしつつも楽しみなのです。
いまだ不器用なおはぎの犬語のレパートリーが増えるといいなと。また動画を撮るので、ぜひコメントをお願いします。

Re:おはぎさんへ

おはぎちゃんの3歳のお誕生日おめでとうございます♪
お互いすくすくと育ってくれていてありがたいですよね。

3頭目が伝わっていると知り、そして、秒数のカウントまでさせてしまって…大変失礼しましたそしてありがとうございます!!

秒数と合せて再度動画を確認しました♪ 私も動画を撮っていた時は、こはるちゃんがロキと遊びたくてずっと追っているんだと思っていました。でも、何度もみるうちに考えがかわりましたよ。

私の考察は「こはるちゃん(小柄なシャパード)は2頭の遊びをやめさせたくて頑張っている。」という解釈です。
警戒とは確かにちがう気がします。

私の着目点は
開始5秒ぐらいまでは、こはるちゃん(小柄なシャパード)はロキと遊ぼうと、仔犬のように正面から両手をあげて遊びを仕掛けてきています。ここまでは友好的な遊びの誘いと見ました。

…ところがこれをロキが無視して、他の子と遊び出します。
その後こはるちゃんがロキの気を引くために何度か前脚を肩にのせるのですが、こちらも優位性を示しつつ遊ぶという誘いですが、これも無視するロキ。
これを受けて、遊びの誘いにのらないことがわかり、次は遊びを止めてやろうと!頑張り始めます。
遊びを止めたいという理由には、【ロキを自分に向かせたいこと&遊びが激しくなってきたので止めた方がいいぞ!】という感情が交じり合ってると思います。

私が読み取った【止めたい】という犬語は、頭や身体をしっかりと相手の動きにそって当てて外に押し出そうとしていることと、アゴをロキの背中にグイ!と押し込む行動からです。(後半に、ロキがリンちゃんの股の間の匂いを嗅ぐと、リンちゃんがグイっと「やーめーて」と言うように頭をロキに押し当てます。それは無視せずいう事を聞いていますw)

その後も無視され続けると、コハルちゃんはイライラして吠え始め、仲裁も粗っぽくなっている気がします。そして私が声をかけたのですが、今回は必要なかったみたいです。ロキは女の子には怒らないので♪

おはぎさんが着目した耳についても再度見直してみました。

こはるちゃんは、りんちゃん(大きいシャパード)より少し優位性が低いのか、後半に一度だけりんちゃんに対して身体を当てにいって怒られている様子が見れます。

コハルちゃんがしている動作は、もしも年下のオスがロキにやるとものすごく怒ります。

この2点から、【仲裁はリスクがある】と私は考えているんです。

耳を伏せるタイミングは、おはぎさんの観察コメント通り【大きな動作】の直前に見られます。私はこれを【緊張と優位性】の耳の位置かな~。と受け取りました。

耳を伏せる位置も微妙に違いがあって、コハルちゃんが耳を伏せる高さは下がりきらずに正面からみるとV字ぐらいに感じ、リンちゃんを見てみると、正面から見た時に後頭部と平行ぐらいまで下がっています。V字の時は目が優しくならずに吊り上った印象になります。

後方に引いたV字の耳の位置は、犬が知らない人に撫でられたり、ランに入った時にリードをしたまま犬同士が挨拶したり、気の弱い子が相手から臭いをかがれてる時と似ている気がしました。

これらの感じを私なりにまとめるてコハルちゃんに台詞をつけると…
「遊びたかったけど、遊んでくれないし…でも私の方が年上なんだからいう事聞いてよ!もうその遊び激しいからやめた方がいいわよ!! ねー!聞いてる?!」

という感じでしょうか?(笑)

そしてこの行動を示すために、少なからず心は「勇気を出して頑張っている」と受け取っています。
この【勇気】という点は、「ロキが若いオスで何をしでかすかわからない」という事が理由の一つかな…と。

それで、もう一つの見方なんですが
コハルちゃんはロキと遊びたい!と思っているのは間違いないですよね。だからこそ、喧嘩にならず、言う事を聞かせたいし、2人の遊びを止めたい! という行動になったんじゃないかな~と。
こんな感じでしたがどうでしょうか?

【3頭目】の存在は観察しても様々なタイプに会えて、とても楽しいです。
またおはぎちゃんランの動画も参考にさせてくださいね。

次にでてくる【3頭目】は一瞬しか録れてませんが、すごいです!w お楽しみに♪

いつかはロキとおはぎちゃんの遊びの考察やりたいですね♪
プロフィール

☆Loki☆ママ

Author:☆Loki☆ママ
【家族構成】
マイペースで力持ちのパパ:大ちゃん
お祭り騒ぎ大好きなママ:しー
いつも寝てる:兄さん

☆Loki☆ ♂
2013年11月18日
三重県鈴鹿市産まれ
生後4歳と0ヶ月

☆Thor☆
生後9か月


【Lokiの兄姉も探しています♪】
♀おはぎちゃん:異母姉弟
♂タルト君:同胞体の兄弟☆
♂アルフレッド君:同胎の兄弟☆
♂ブッチ君:母方の伯父
♀ノエルちゃん:母方の叔母
♀メルちゃん:姉(3月18日生)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
秘密のメッセージ用
Lokiママ個人宛などはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: